ウルトラセルQ+

ウルトラセルQ+ | 医療法人ときわ会 木田形成外科皮フ科クリニック | 河内長野市にある形成外科

ウルトラセルQ+とは

ウルトラセルQ+(キュープラス)とは高密度焦点式超音波(HIFU ハイフ)を使ったタルミ治療器「ウルトラセル」がさらに進化した最新のリフトアップマシンです。
高密度焦点式超音波は前立腺がんの治療などにも使用されるもので、ターゲットに1点に集中させた超音波を照射することで高温にする技術です。
これをSMAS筋膜(表情筋筋膜)に照射し、より高いリフトアップ効果を期待することができます。
また、様々な深さのカートリッジを使い分けることで従来の「ウルトラセル」よりも皮膚の浅い層へのアプローチが可能になり、目元や口元まで施術が可能となりました。

ウルトラセルQ+
ウルトラセルQ+

ウルトラセルQ+の特徴

  1. 高いリフトアップ効果
  2. リフトアップに影響しているSMAS筋膜にピンポイントに熱エネルギーを加えることでSMAS筋膜のたんぱく質を熱変性させ凝縮させることで高いリフトアップ効果を得ることができます。
    またその後の創傷治癒過程によりコラーゲンの再生が起こり更なるリフトアップ効果を期待できます。

    SMAS筋膜
  3. 脂肪細胞の破壊によるボリュームダウン
  4. HIFUを脂肪細胞に当てると熱エネルギーにより、脂肪細胞が破壊されます。
    脂肪細胞は破壊された後代謝され、体外に排出されます。
    フェイスラインのボリュームダウンなどが期待できます。

  5. 非常にスピーディで痛みが少ない
  6. ウルトラセルQ+は従来のウルトラセルに比較し、およそ1/3の施術時間で終了します。
    また従来のHIFU治療に比較し痛みが非常に緩和されており、痛みに弱い方にもお勧めできる治療となっております。

  7. 様々な深さへの照射が可能となり、目元や口元へ照射できる
  8. 様々な深さのカートリッジを使い分けることで従来では難しかった目元や口元などの細かい場所も治療が可能となりました。
    これによりより細やかで効果的なタルミ治療が可能になりました。

    カートリッジ
  9. 2.0mmのカートリッジでさらに細かい部位が治療可能
  10. 当院ではさらに2.0mmのカートリッジを用意し、眉間・眉下・法令線・口の上・アゴなど従来の機械ではアプローチが難しかった場所への治療が可能となりました。

    2.0mmのカートリッジ
  11. 医師による施術
  12. HIFU治療は超音波でSMAS筋膜を熱変性させるという治療の性質上、解剖学を熟知した医師による施術を行う必要があります。
    当院では院長が担当いたしますので、ご安心ください。
    また院長施術の為、事前予約が必要となりますのでご了承ください。

  13. ダウンタイムがほぼない
  14. 化粧の制限やテープなどのダウンタイムはありません。当日にお化粧して帰ることが可能です。
    うっすら赤みが出ることがありますが、数時間で引きます。

  15. 治療間隔は6ヵ月に1回

ウルトラセルQ+のリスク・副作用

  • 治療後、赤味が数時間出ることがあります。
  • 部位によっては出血斑や痂皮が出ることがあります。
  • ごくまれに顔面の感覚神経が傷つけられることがあります。
  • 一時的にしびれが出ることがありますが1~3ヵ月ほどで徐々に改善します。

この治療は、国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行います。
治療に用いる医薬品および機器は当院医師の判断のもと、個人輸入手続きを行ったものです。

施術料金についてはこちら