ハードコンタクトレンズは眼瞼下垂になる可能性があります。

みなさんこんばんは。

ここのところ気管支炎を発症しており、ブログの更新が滞っておりました。

ようやくよくなってきたので再開です(笑)。

さて、お題にあるように、最近は使用されている方少ないですが、ハードコンタクトレンズを装用されている方もおられると思います。

このハードコンタクトレンズ、全員ではないですが眼瞼下垂をきたすことがあります。

30代でも発症することがあります。

実際にはどんな感じかといいますと・・・

こんな感じになります。

これはハードコンタクトレンズによるダメージで挙筋腱膜(まぶたを上げる組織)が外れてしまうことが原因です。

治療はこの挙筋腱膜を元に戻してあげる必要があります。

手術直後です。

術後1週間、抜糸時の写真です。

術後1ヶ月です。

こんな感じで経過していきます。

術後合併症ですが、内出血や腫れ、左右差や再下垂などがあげられます。

お困りの方はご相談ください。ただし美容目的の方は保険適応がありませんのでご注意ください。

ではまた・・・