形成外科

形成外科 - 医療法人ときわ会 木田形成外科皮フ科クリニック
ホーム > 形成外科

形成外科の診療内容

形成外科医として最新の創傷治癒理論に基づき、傷あとを最小限に目立たなくする治療を心がけております。
患者さまのニーズに応じて最適な治療を提供いたします。

  • 外傷全般(切り傷、すり傷、やけどなど)
  • 傷痕の修正
  • ほくろ、いぼ(保険適用)
  • 皮膚、皮下腫瘍
  • わきが(手術、イオン導入、ボトックス注射など)
  • 巻き爪、陥入爪(手術、ワイヤー治療など)
  • 眼瞼下垂

当院でよく診る形成外科の疾患

いぼ・ほくろ

外科的にメスを用いて切除したり、炭酸ガスという組織を蒸発させて切除したりします。メスで切除する場合は術後1週間で抜糸となります。炭酸ガスの場合、術後2週間ほど軟膏を塗って絆創膏などで保護していただくことで治癒します。局所麻酔(部分麻酔)でその日に帰れます。

眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)

加齢や先天的な原因でまぶたの皮膚が垂れ下がったもの。余った皮を切り取ったり、まぶたをあげる筋肉を縫い縮めたりすることで治療します。局所麻酔の手術で、抜糸は1週間、手術当日は車の運転は避けてください。

  1. 眼瞼下垂01
  2. 眼瞼下垂02
  3. 眼瞼下垂03
  4. 眼瞼下垂04

陥入爪(かんにゅうそう)・巻き爪

当院では形状記憶合金によるワイヤー治療と手術治療を行っております。ワイヤーは最初自費で購入していただくことになります。ワイヤーの価格は3,800円(税抜)です。初回治療後は大体つきに1回のペースで通院の上、医師にお問い合わせください。

ワイヤー治療

「超弾性ワイヤー」を用いて、巻き爪・陥入爪を治療する方法です。爪の先端に2ヶ所穴をあけて、ワイヤーを通します。
ワイヤー自身の弾力性により矯正力が持続的に加わることで巻き爪・陥入爪を矯正します。
治療期間は目安としておよそ3ヶ月~6ヶ月。爪の中央部分まで矯正されれば終了です。

人工爪治療(アクリル人工爪治療)

ガラスフィラーを含んだ最新式のアクリル人工爪により爪の変形を矯正し、痛みを取り除きます。
まず、食い込んでいる爪を切除し切除した部分を正しい形に人工爪で整えます。
深爪を原因とする巻き爪・陥入爪で痛みが強く爪が伸びるまで待てない方に良い適応です。
また子供さんの「爪かみ」の癖の矯正にも用いることができます。但し、癖が完全に治るかは個人差があります。
治療期間は目安としておよそ3ヶ月~6ヶ月。

術前
術後

切り傷・擦り傷・やけど

これらの外傷は初期治療が最も大切です。早い段階で適切な手当をしなければ、細菌などに感染して化膿することがあります。放置すると傷跡が残ることもありますので、応急処置をした上で、早めに受診することをお勧めします。

傷跡、ケロイド

ケロイドとは、傷跡の線維成分が過剰に増殖し、赤く盛り上がった状態を言います。ピアスの穴やニキビ跡、手術跡、虫さされなどの小さな傷跡から発生します。
治療法に内服薬、外用薬、局所注射、手術療法、放射線療法などがあります。

顔の打撲・骨折

交通事故や転倒・転落、スポーツなどが原因で顔面を打撲、骨折することがあります。打撲・骨折の部位により「顔面の変形」「ものが二重に見える」「口が開きにくい、閉じにくい」「しびれ」「かみ合わせが悪い」などの症状が出る場合があります。症状に加え、レントゲン・CTで診断を確定した上で、適切な治療方法を選択します。

わきが治療

わきがとは、わきの下から独特の悪臭を出す症状のことです。必ずしも「体臭・多汗=わきが」ということではありません。対策としては、わきの下を清潔にする、ストレスを溜めないようにする、制汗剤の使用、適切な食事などが挙げられますが、対策をしても軽減しない場合は医療機関での治療をお勧めします。